投資育成制度とは

当社の役割

農業法人投資育成制度は、農業法人の発展をサポートするため、法律「農業法人に対する投資の円滑化に関する特別措置法」により2002年10月24日に創設されました。アグリビジネス投資育成株式会社は同制度に基づき、農業法人に対する投資育成事業を行うため、株式会社日本政策金融公庫とJAグループの出資により設立された会社であり、農林水産省の承認・監督を受けています。また、投資運用業者として金融庁の認可を受けた会社です。
2021/4の法改正(「農林漁業法人等に対する投資の円滑化に関する特別措置法」)、2021/8の同法施行により、農林水産業ならびに食のバリューチェーン全体への広範な投資が可能となります。

出資のメリット

当社の出資を受けることにより、以下のようなメリットがあります。

1. 財務強化をサポート

当社の出資は自己資本となり、財務内容の改善・安定化に役立ちます。

担保・保証は不要です。投資期間中の定期的な返済もありません。

2. 対外信用力の向上をサポート

自己資本比率が上昇することで、対外信用力が向上します。

当社は、設立趣旨から公的な性格を有していますので、当社の出資により対外的な信用力向上に繋がる場合もあります。

3. 経営の安定化をサポート

当社は、出資先の独立性・自主性を尊重します。

信頼できる安定株主として、法人オーナーのよきパートナーになることを目指します。

4. 事業の成長をサポート

経営陣の戦略や経営課題を把握し、企業成長に資するサポートを行います

当社の有するネットワークを通じた仕入・販路の拡大等、食のバリューチェーンを創造・デザインし、新たな価値を創造していきます

5. 担い手への事業承継をサポート

当社は、事業承継の円滑化に向けた支援を行います。
(次世代への事業承継にかかる時間の確保が可能となります)

当社の出資を受けることにより、以下のようなメリットがあります。

 

育成事業について

出資を受けた法人は、当社の育成事業をご利用いただけます。以下のソリューション提供を通じ、出資先の経営をサポートします。

出資後、経営サポートの観点から生産コスト管理・販売体制の構築など個別の経営コンサルティング(コンサルタント派遣を含む)を提供いたします。

商品開発や販路拡大に向けたビジネスマッチングなど、経営ソリューションを提供いたします。

株主に対する情報開示の促進

当社は、出資先が株主に対する説明責任を果たすべきであると考え、経営状況等に関しては、適時かつ適切に開示を求めてまいります。

議決権行使にかかる手続

当社は、上記考え方を踏まえて、個別議案についての議決権行使の判断を行います。個々の判断結果等については、定期的に当社の
取締役会に報告するとともに、顧客にも開示してまいります。